お世話になった皆様 of アーチコレクションHPへようこそ



HOME > お世話になった皆様

183.JPGこんなに飛びまわれたのも皆様のご援助の賜り物です。

飛びに飛んだ百万マイル

東京で店をし、展示会をしているときは、忙しかった。一日に何本も仕事の用件で携帯電話が鳴りそのたびに仕事が増えていった。平均すると夜の十一時位が帰宅時間、朝八時から365日働いていた。気が休まるところが全くなかった。
飛行機だけが電話のならないまとまった時間を確保できる場所で月に二三回は乗る国際線に転がり込むように乗り込んでいた。かきこみ中以下続く

165.JPGインドアーグラ タージマハル 本当に美しかったし中庭で二日ほどラッシーを飲んでいやした。

思い出のスナップ

写真は人に説明するものとしてはいいけれども頭の弱い私にはそれが却って一面的になってしまいその情報から得られるものしか浮かばなくなってしまう。それなのであまり撮らないことにしている。それでも時々メモ代わりに資料として現地で取りためたものがあり、十年以上たってまとまった数になってしまった。整理もせず引き出しいっぱいになった写真をアルバムに入れるつもりで整理している。ここに少しの説明をつけて皆様に見ていただこうとホームページのあちらこちらにその写真をちりばめている。皆様に楽しんでいただければ、少し御返しができるかもしれないと勝手なことを考えている。

057.JPGシルクロードウルムチの街路このあたりからヨーロッパまでこのようなパン屋がみられる。

054.JPGシルクロード 標高4000M近いチベット付近の砂漠地帯に群がるラクダの群れ

052.JPGシルクロード トルファンのロバ車

056.JPGシルクロード アクスの市場でカード

001.JPG雲南省西双版納県大孟龍

003.JPG雲南省西双版納のハニ族

002.JPG中国雲南省西双版納県孟洪のヤオ族

004.JPG雲南省大理市の昔の街並み

005.JPG中国雲南省瑞麗のミャンマー国境 両替商ビルマ紙幣が当時インフレのためバック一つ分と交換していた

006.JPG雲南省大理、知る人ぞ知る、第二招待所(通称二招)前ハッピーレストラン

008.JPG雲南省大桃の火祭りの女性

011.JPGパキスタンと中国の国境、カラコルム山中にあるイミグレーション、スストまた行きたい場所NO1

601.JPG中国雲南省西双版納県の大樹。樹齢千年っていったけ

600.JPG雲南の豚

602.JPGすれ違うたびにお互いの安全を願って。ネパール、アンナプルナの「ナマステー」

609.JPGインド デリーのコンサートにて子供たちの「ナマステー」

080.JPGネパールアンナプルナ山中の棚田

076.JPGネパール チョムロンのビカースとべッキー。ともにグルン族。彼らももうすぐ三十歳

118.JPGインド仏教聖地スリナカールでなぜ付いてくるのかわからないが無言でしかも笑いもせず一日一緒についてきた。お金も何もいらないと言っていた。不思議な兄弟。

055.JPG標高4500mのアンナプルナベースキャンプにて

601.JPG

600.JPG

602.JPG

609.JPG

工事中ですので適当な写真を入れておきます。

ターヤオのお祭りで

火祭り

611.JPG

ターヤオの祭り

ワ族の娘

ビーズ買い

604.JPG

ヮ族の村にビーズ買い

アンナプルナの少年

トレッキング

610.JPG

アンナプルナトレッキングポカラダムサイトから

ハッピー

ルイリーのタイ族の娘

サロン

603.JPG

初めての気に入った長期滞在の場所ルイリー。

LinkIcon工事中タイ族のマッドミー

タイトルを入力します。

608.JPGネパール、ポカラ、スルジェゲストハウスに偶然居合わせた日本人七、八人が二カ月にわたって長期滞在。その隣のモモレストラン。そこの親父にはたいへんお世話になった。そこの娘さんとお友達。お礼に

ネパールトレッキングLinkIcon